平成24年度同窓会支部長懇談会、同窓会全国総会の報告

 

 11月10日(土)―11日(日)、熊本市中央区の熊本和数奇司館で開催された平成24年度同窓会支部長懇談会、同窓会全国総会に出席してきました。同窓会は全国36支部・OB会がありますが、一部の支部は欠席しておりました。やむを得ない事情があったものとは思われますが、代理を立てた支部もあっただけに、どうして? という疑問が浮かんだ次第です。今井一雄支部長は挨拶で、最近の訪米で日本車の少なさやホテルの家電製品がサムソンばかりといった例を出して、日本の産業の衰退を痛感したと嘆いておられました。そこで、産大OBが先頭に立って地域や企業で頑張り、連携を取りながら、智恵の勝負をしていこうと呼びかけられました。

議題は@各支部・OB会の活動状況報告Aその他――2点です。一人2分の自己紹介と支部活動の紹介でしたが、私は初めてだったので、自己紹介くらいにとどめておきました。まずは顔を覚えてもらわないといけませんから。隣の岐阜県や三重県からは全日本大学駅伝の出場が途絶えたことによる支部活動根幹の崩壊、島根県も出雲選抜駅伝で同様な話が出ました。だから、学生にはスポーツで頑張ってもらわないと困るということです。あとはフェイスブックの活用、支部総会の動員に困っている話が多く出ました。また、総会に招く講師をノミネートし、それを見て選びたいという声もいつか出ました。

翌日の同窓会通常総会にも出席しました。今井会長は、総合大学として全国から学生を集めるためには全国に同窓会が必要なことを訴えられました。同窓会員はすでに13万人近く、企業や地域社会で神山スピリットを発揮して産大生らしい活動を展開しよう、登るところまで登ろうと力強い発言をされました。事業報告で関東、岡山支部が記念植樹をしたことが報告されました。愛知県支部も2014年が40周年です。先輩支部に続いて、県の木を植樹したいと思います。費用は2万円くらいで十分です。後輩たちのために、少しでも緑を増やしましょう。ところでみなさん、愛知県の木はご存じですか? 私は恥ずかしながら知りませんでした。答えはみなさんで調べて下さいね。

熊本は本当に「よかところ」です。人情が厚く、美人が多く、米焼酎はうまいし、馬刺しや辛子蓮根もたまりません。しかも、チンチン電車が走っているせいか、街がのんびりしております。広いアーケード街にもびっくりしました。熊本県支部のみなさんは準備、当日の運営で大変だったと想像します。本当に疲れ様でしたと言いたいです。ちなみに、来年は島根県支部で支部長懇談会と通常総会が行われます。

以 上



肩を組んで学歌斉唱 全国支部長懇談会


Copyright(C) Kyoto Sangyo University Alumni Association ,Aichi